ここから本文です

亀梨 元メンバー田中容疑者逮捕に「驚いた」 解雇後は連絡取らず

5/28(日) 5:00配信

デイリースポーツ

 KAT-TUN・亀梨和也(31)が27日、都内で行われた映画「美しい星」の公開記念舞台あいさつ後にデイリースポーツなどの取材に応じ、元メンバーの田中聖容疑者(31)が大麻取締法違反の現行犯で24日に逮捕されたことについて「驚いた」と語った。現メンバーが逮捕について語るのは初めて。田中容疑者が13年に事務所を解雇されて以降は連絡を取っていなかったといい、「応援して下さっている方に対して心苦しい」とやりきれない思いを語った。

 メガネの奥の瞳を話し相手にしっかりと向け、亀梨は毅然とした態度で語り始めた。

 逮捕を知ったのは25日朝、日本テレビ系主演ドラマ「ボク、運命の人です。」の撮影中だった。「ニュースが飛び込んできて、驚いた」と言葉を失ったという。

 田中容疑者は98年にジャニーズ事務所に入所した同期で、同い年。13年9月末に副業など度重なるルール違反、素行不良で事務所の専属契約を解除されて以降は、連絡も会ったこともなかった。

 当時からたびたび「やり過ぎ」と注意していたという亀梨は、「いつか事件が起きる悪い予感があったか」と聞かれると、「それ以上の事をやらかしてしまう、『この人、まずいな』という感情はなかった」と首を振った。

 6人組だったKAT-TUNは10年に赤西仁(32)、13年に田中聖、16年に田口淳之介(31)が脱退。現在は中丸雄一(33)、上田竜也(33)の3人となり、昨年5月から充電期間に入っている。

 グループに何か起こるたびに矢面に立ち、謝罪や発言を行ってきた亀梨。今回の事件でも「元KAT-TUN」として報じられることに、「『元』がつくとはいえ、報道を目にするたびに、グループの名前が出てしまうのは残念」「今もなお応援して下さっている方に対して心苦しい」とやるせない思いを吐露。田中容疑者に向けて「ファンの方に筋を通して欲しい。事実、真実の中で進んで欲しい」と訴えた。

 メンバーの中丸、上田とは事件については話をしていないことも明かし、「KAT-TUNを届けることが任務」と充電後の再集結への思いを語った。