ここから本文です

レイデオロが7015頭の頂点に!ルメール騎手は3週連続GI勝利!/日本ダービー

5/28(日) 15:48配信

netkeiba.com

 28日、東京競馬場で行われた日本ダービー(3歳・牡牝・GI・芝2400m)は、後方追走から向正面で一気に2番手まで上がっていったC.ルメール騎手騎乗の2番人気レイデオロ(牡3、美浦・藤沢和雄厩舎)が、直線で先頭に立ってゴールまで押し切り、同馬の外で懸命に追い上げた3番人気スワーヴリチャード(牡3、栗東・庄野靖志厩舎)を3/4馬身差振り切り優勝した。勝ちタイムは2分26秒9(良)。

 さらに1.1/4馬身差の3着に1番人気アドミラブル(牡3、栗東・音無秀孝厩舎)が入った。

 勝ったレイデオロは、父キングカメハメハ、母ラドラーダ、その父シンボリクリスエスという血統で、馬名の意味はスペイン語で『黄金の王』。皐月賞は前哨戦を使わず休み明けで挑むことになり5着と敗れたが、この大舞台で見事に雪辱を果たし、2014年生まれのサラブレッド7015頭の頂点に輝いた。

 騎乗したC.ルメール騎手はヴィクトリアマイル、オークスに続く3週連続GI勝利。管理する藤沢和雄調教師は過去にシンボリクリスエス(2002年)、ゼンノロブロイ(2003年)で2度の2着があったが、ついに悲願のダービー制覇を果たした。JRA・GIは単独トップの26勝目。先週のオークスを勝利したコンビによる同一年のオークス・ダービー制覇となった。

 レイデオロの父キングカメハメハは、ドゥラメンテ(2015年)以来のダービー2勝目。生産牧場のノーザンファームはドゥラメンテ、マカヒキ(2016年)に続くダービー3連覇。

 日本ダービーの全着順は以下の通り。

1着 レイデオロ ルメール 2番人気
2着 スワーヴリチャード 四位 3番人気
3着 アドミラブル Mデムーロ 1番人気
4着 マイスタイル 横山典 14番人気
5着 アルアイン 松山 4番人気
6着 ダンビュライト 武豊 7番人気
7着 ペルシアンナイト 戸崎圭 6番人気
8着 トラスト 丹内 16番人気
9着 ベストアプローチ 岩田 11番人気
10着 サトノアーサー 川田 5番人気
11着 カデナ 福永 8番人気
12着 キョウヘイ 高倉 15番人気
13着 クリンチャー 藤岡佑 9番人気
14着 ダイワキャグニー 北村宏 10番人気
15着 ウインブライト 松岡 12番人気
16着 マイネルスフェーン 柴田大 17番人気
17着 アメリカズカップ 松若 13番人気
18着 ジョーストリクトリ 内田博 18番人気

【勝ち馬プロフィール】
◆レイデオロ(牡3)
騎手:C.ルメール
厩舎:美浦・藤沢和雄
父:キングカメハメハ
母:ラドラーダ
母父:シンボリクリスエス
馬主:キャロットファーム
生産者:ノーザンファーム
通算成績:5戦4勝(重賞2勝)
主な勝ち鞍:2016年ホープフルS(GII)

【C.ルメール騎手のコメント】
今日の気持ちは言葉では言い表せません。フランスでダービーを一度勝ちましたが、他の国でもダービージョッキーになることができました。日本は僕にとって第二の故郷です。とても大切な日になりました。
馬はとてもリラックスしていて、ゴールまで頑張ってくれました。最後はファンの歓声を聞いてハイテンションになりましたね(笑)。藤沢先生の馬で同じ年にオークスとダービーを勝てました。特に厩舎のスタッフさんにお礼を言いたいです。

最終更新:5/28(日) 16:51
netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ