ここから本文です

女子アナ界結婚ラッシュ 次にゴールするのはこの3人

5/28(日) 11:10配信

東スポWeb

 女子アナ界は結婚ラッシュになりそうだ。テレビ朝日の宇賀なつみアナ(30)が大学時代の同級生の朝日新聞社員と結婚。NHKの桑子真帆アナ(29)も同期入社のフジテレビ・谷岡慎一アナ(30)と結婚を発表した。

 若手といわれた人気女子アナが適齢期の30歳を迎え、世の女性と同様、着実に結婚にたどり着いただけともいえそうだが、好みの女子アナの番組を見ていた男性視聴者はざわついた。

「宇賀アナはスポーツキャスター時代から癒やしの笑顔が人気で、結婚で“宇賀ロス”という言葉も飛び交ったほど。桑子アナの方は特にお父さん世代が“娘が嫁に行った気分”と嘆く現象が出た。予想以上の反響に、それぞれの局幹部が2人を再評価しているそうですよ」(民放関係者)

 桑子アナの相手の谷岡アナの周辺ではやっかみの声も出ている。

「谷岡はさえない顔なのに、その前は椿原慶子アナとも付き合っていたことも漏れて、椿原はいい迷惑ですよ。それで結婚はNHKの癒やし系のエース・桑子ですからね。なんでアイツばかりがモテるのかとひがむ声もあります。有名人と結婚したんだから、ある程度の悪口は仕方ないでしょう」(フジテレビ関係者)

 人気アナの結婚はそこまで大騒ぎになるのだ。では、次にゴールインが近いのは誰か。

 まずはフリーの皆藤愛子(33)。フライデーで沖縄デートが報じられ、本紙がその相手をビジュアル系人気ロックバンド「DIR EN GREY」のベーシスト・Toshiya(40)と報じたばかりだ。

「少女っぽくて清楚でまじめそうな皆藤ですが、もう33歳ですからね。大のロックバンド好きで男の好みもバンドマンなどのちょいワル系。今の彼はド本命みたいですから、近い将来、電撃婚も十分あるでしょう」

 次に前出・桑子アナのNHKの先輩だったフリーの神田愛花(36)。バナナマン・日村勇紀(44)と2年前の4月に熱愛が発覚して以来、どうなっているかと思いきや…。

「今年初めに破局説が報じられた後、日村がはっきりと『まだ付き合ってます』とラジオで否定しました。当初、神田の両親が交際に反対していたとも伝わっていましたが、2年も続き、親も根負けして許したとのこと。日村は同世代の渡部建が佐々木希と入籍したことで、刺激されて結婚となる可能性が高い」(お笑い関係者)

 最後に衝撃度が高くなりそうな“大穴”としてテレビ朝日の竹内由恵アナ(31)を挙げたい。童顔とショートボブの髪形、スレンダーボディーで人気の竹内アナだが、最近はSNSやサッカーW杯応援企画で大サービスを展開して話題だ。

「女子高生の制服を着たり、胸を強調するようなピチピチのニットセーター姿など、ネットで話題になりそうな衣装をあえて選んでいると話題です。ここまで割り切った行動に出ているのは、社歴が1年上の報道畑の小川彩佳アナが嵐の櫻井翔と熱愛中で、自分はバラエティー担当で恋愛相手も有名人じゃない路線と自覚したからとか、交際中の同世代の電通社員との結婚が決まった余裕の表れだとか、様々な噂が飛び交ってます」(テレビ朝日関係者)

 竹内アナと電通社員は2014年8月、お互いの自宅を行き来する様子を「毎日でも会いたい相手」として写真週刊誌に撮られている。順調に愛を育んでいるようだ。

 さて、宇賀アナ、桑子アナに続いて結婚するのは誰になるか。

最終更新:5/28(日) 11:10
東スポWeb