ここから本文です

首都圏ツーリングが「お得」に 高速道「定額1日乗り放題」など検討

5/28(日) 14:00配信

J-CASTニュース

 バイクでツーリングを楽しむライダー向けに高速道路の料金が割引になる新制度が誕生する見通しになった。インターネットで事前にツーリングのプランを予約すると、ETCの高速料金を割り引くもので、ライダーにとっては朗報となりそうだ。

 自民党政務調査会の「二輪車問題対策プロジェクトチーム(PT)」(三原じゅん子事務局長)でこのほど、国土交通省道路局高速道路課が「二輪車専用ツーリング割引」の案を示した。国交省によると、「二輪車のツーリング需要の喚起や地域活性化などを目的に、高速道路の料金徴収システムの改修などのコストと期間をかけない形で、ETC車を対象にネットでの事前予約による二輪車のツーリングプランを開発する」という。

■ETC限定、ネット事前予約

 当面はツーリングの需要が多い東京都心から100~150キロのエリアで、伊豆・富士山周辺や群馬・栃木・茨城方面、千葉方面などの高速道路が対象だ。国交省は箱根ターンパイク(MAZDAターンパイク箱根)や西伊豆スカイライン、日光いろは坂などへ走りに行くライダーの利用を想定している。事前にネットで予約すれば、高速道路料金が定額で1~2日間、乗り放題になるようなプランを目指すという。

 ネットで事前に申し込むと、高速道路が乗り放題になるプランは、NEXCO西日本が2016年7月15日~12月18日、「九州観光周遊ドライブパス」として、ETC限定の割引サービスを行った前例がある。この時は、バイクだけでなく、ETCを利用する自動車も最大3日間(往復料金だと最大4日間)の高速料金が割引となった。

 今回は首都圏周辺をツーリングするライダーが対象となるが、将来的には全国のライダーだけでなく、4輪のドライバーにも「乗り放題」のETC割引が広がる可能性がある。

 自民党の二輪車問題対策PTは、ツーリング割引のほか、普通自動車免許の保有者がAT小型限定の二輪車免許を取得する場合、現行では最短でも3日、多くの教習所では4日以上かかっている教習を2日で可能にするよう、警察庁交通局と議論するなどしている。

最終更新:5/28(日) 14:00
J-CASTニュース