ここから本文です

(社説)憲法70年―学問の自由は誰のために

5/28(日) 7:00配信 有料

朝日新聞デジタル

 憲法23条は、誰のために「学問の自由」を保障しているのだろうか。
 直接には「学問をする人」、つまり学者や研究者を対象にした条文だ。だがその土台には、自由に支えられた学術の進展こそが、広く社会に健全な発展をもたらすという思想がある。
 明治憲法には学問の自由の保障はなかった。戦前、時の政権や軍部は一部の学説を「危険思想」「不敬」と決めつけ、学者が大学から追われるなどの弾圧が相次ぐなかで日本は戦争への坂道を転げ落ちていった。

 ■法人化が影を落とす
 その歴史への反省が、現行憲法が独立の条文で学問の自由をうたうことにつながった。……本文:3,403文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社