ここから本文です

初の“肉フェスタ”盛況 きょうまで「お宿グルメ」―熱海

5/28(日) 13:43配信

伊豆新聞

 「南熱海お宿グルメフェスタ」(南熱海網代温泉旅館組合主催)が27日、熱海市下多賀の長浜海浜公園で始まった。初となる「肉」をテーマに旅館の板前が腕を振るった肉料理を格安で提供し、初日から大勢の観光客や住民でにぎわった。28日まで。

【特集】熱海の夜空に大輪の花火♪グルメ、レジャーも満喫しよう!6月10日 <熱海海上花火大会>【熱海市】

 旬の地元食材を使った料理で観光客をもてなす定期開催の食イベント。従来は伊勢エビやサザエなど海産物中心だったが、今回は「肉フェスタ」と銘打ち、同組合加盟の有志旅館6軒の板前が自慢の肉料理を用意した。

 イベリコ豚の炭火焼き、牛タンと夏野菜のカレースープ、十六穀米のローストビーフ丼、牛タンの時雨煮、牛すじ煮込みなど、メニューは旅館の看板に恥じない逸品ぞろい。5日間かけたという牛すじ煮込みは口に入れた瞬間に肉が溶ける食感で、家族連れや若者のグループ客の人気を集めた。

 家族旅行の途中に立ち寄り、煮込み料理などを味わった神奈川県小田原市の会社役員小宮克茂さん(41)は「いい匂いがして思わず寄ってしまった。肉が軟らかくておいしい」と頬をほころばせた。

 会場ではおなじみの海鮮グルメも提供している。28日は午前10時~午後3時。

 【写説】香ばしい肉の炭火焼きなどの匂いに誘われて、各ブースに人垣ができたお宿グルメフェスタ=下多賀の長浜海浜公園

最終更新:5/28(日) 13:43
伊豆新聞