ここから本文です

「小さな巨人」悪役も不評 和田アキ子に迫る“肩叩き”の日

5/28(日) 9:26配信

日刊ゲンダイDIGITAL

「芸能界の巨人」として君臨している歌手の和田アキ子(67)だが、TBS系ドラマ「小さな巨人」に出演して話題になっている。

 和田は5月21日に放送された第6話から登場。演じる役どころは、明らかに安倍政権を揺るがした森友学園のパクリと思われる学校法人「早明学園」の理事長・金崎玲子役。長谷川博己(40)演じる主人公の前に大きく立ちはだかるが、意外にも悪役は初挑戦だという。気になる演技の評判なのだが……。

「驚くほどの迫力のなさに『セリフが棒読み』、『いつもより小さく見える』など批判が殺到。最近、歌う時でもすっかり声にハリがなくなったが、和田はパーソナリティーを務めるラジオ番組で台本に書かれてある演出が細かすぎることに対して悩みを打ち明けたほど。ドラマ班は和田のペースに関係なく演出するから和田も戸惑っている」(TBS関係者)

 和田といえば、長年、同局で冠番組「アッコにおまかせ!」を持ち日曜の昼の顔として君臨。とはいえ、番組はすでにマンネリ状態で、和田の取り巻き同然のタレントがヨイショ合戦。おまけに、ヒット曲もなく長年にわたって出場自体が疑問視されていた紅白も昨年は落選してしまった。

「『アッコ|』は視聴率がかなり苦戦中。そろそろ局の幹部はリニューアルを考えているが、和田の事務所との関係もあり、"勇退"を切り出させない。そこで誰が和田の肩叩きができるかが注目されている」(同前)

 巨人の肩叩きができれば2階級特進だが……。