ここから本文です

ヴェンゲル監督、格別の想い 「今回はメダルを自分のものに」

5/28(日) 13:07配信

ISM

 現地時間27日に行なわれたイングランド・FAカップで、チェルシーを2対1で退け、史上最多13度目の王座に輝いたアーセナル。試合後、アルセーヌ・ヴェンゲル監督は、普段ならスタッフに渡す優勝メダルを「今回はとっておこうと思う」と特別な想いで手にした。

 ここ4年で3度目のFAカップ王者となったアーセナルは、通算13度目の同タイトルを数えた。ヴェンゲル監督にとっては、7度目の栄冠。同監督はこれにより、クラブに最も多くFAカップタイトルをもたらした指揮官となった。

 ヴェンゲル監督は通常、FAカップ優勝メダルをチームのスタッフに贈っている。しかし「今回は、自分のメダルをとっておこうと思う」とコメント。ポケットからメダルを取り出し、「私にとっては特別な夜だから」と感慨深げに語った。

 チャンピオンズリーグ(以下CL)では7年連続でベスト16敗退となり、プレミアリーグでは5位でフィニッシュしたアーセナル。来季はCLにも出られないとあって、ヴェンゲル監督は続投するのかどうか、微妙な状況にある。一部のファンはこの日も同監督の退任を求める声を上げていた。

 優勝を置き土産にアーセナルを去るのかという問いに対して、ヴェンゲル監督は「その問いには答えられない。今は」とコメント。「私がこのチームを今後率いていくのにふさわしい人間かどうか、それは理事会が決めることだ。人気の問題ではなく、能力の問題だ」と話し、30日の理事会を待たなくてはならないと述べた。(STATS-AP)

最終更新:5/28(日) 13:07
ISM

スポーツナビ サッカー情報

今日のJリーグ 試合情報

J1