ここから本文です

早実・清宮、不発!テストでお疲れ!?

5/28(日) 7:04配信

スポーツ報知

◆沖縄招待試合 早実7-6沖縄尚学、早実12-6美里工(27日・沖縄セルラースタジアム那覇)

 高校通算95発の早実(東京)・清宮幸太郎一塁手(3年)が27日、沖縄招待試合の沖縄尚学戦、美里工戦に出場し、2戦計6打数1安打1打点2四球でノーアーチに終わった。

 早実の沖縄招待出場は1981年に荒木大輔、2006年に斎藤佑樹を擁して以来3度目。主砲は沖縄尚学戦の4回2死で右翼線二塁打。美里工戦の6回1死満塁で同点の右犠飛を放ったが、「調子が悪かった。満足しないし、申し訳ない」と例年より多い観衆3500人に頭を下げた。

 関東大会8強で敗れた翌23日から3日間は中間テスト。移動も経て、「試合に合わせる練習ができていない。体がなまっちゃう。ちょっとおかしくなる」。25日に18歳を迎え、最初の試合で不発だったが、「最後の勝負の年。いい1年にしたい」と誓った。28日は美来工科、興南と対戦する。

最終更新:5/28(日) 12:25
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/23(金) 9:25