ここから本文です

白ドレス姿の花澤香菜は白百合orクリオネ?「BLAME!」舞台挨拶

5/28(日) 14:15配信

映画ナタリー

劇場アニメーション「BLAME!」のイベント“シボ祭”が5月27日に東京・新宿ピカデリーで行われ、キャストの花澤香菜と、監督の瀬下寛之らスタッフ3名が舞台挨拶に登壇した。

【写真】「BLAME!」ポスタービジュアル(他19枚)

5月20日より2週間限定で公開されている「BLAME!」は、弐瓶勉のマンガをもとに、人類が違法居住者として駆除・抹殺される暗黒の未来を描いたハードSF。“ネット端末遺伝子”を求める探索者・霧亥を櫻井孝宏、霧亥と行動をともにする科学者シボを花澤が演じた。

白いドレスを着て登場した花澤。音響監督の岩浪美和が「白百合のよう」と絶賛すると、花澤が「さっきまでクリオネとかウミウシとか言ってたくせに」とツッコみ、観客の笑いを誘う。

自身が演じたシボについて花澤は「本当にいろんな形に変わっていくので、どんな距離感でどうしゃべるか想像しづらかったです」とコメント。「でも原作があったおかげでイメージができて助かりました。原作にショートカットの研究者時代の彼女が出ていて、あの人の声でおしゃべりするように意識しました」と役作りについて明かす。

先にセリフを収録するプレスコ方式で制作された本作。花澤が「ここまで自由にしていいんだなあという感じでした」と収録時の心境を語ると、瀬下は「プレスコ用の台本があって、そこにト書きが山のようにあるんです。それと僕らの説明だけでやっていただくんだけど画がないので、役者さんの想像力に頼っている部分が多いです」と説明する。その言葉を受け、花澤は「監督からはすごくたくさん説明していただけました! 言い回しや間の取り方も自由で楽しかったです」と振り返る。

最後の挨拶で花澤は「作っているスタッフさんのワクワク感や遊び心がたくさん入っている素敵な作品です。そんな作品に関われたことがうれしいです」と述べ、瀬下は「映画を観終わった満席のお客さまの前で、自分たちの作品の話をできるって、幸せです。こういうことを続けさせていただけているのは、応援してくださる皆さんのおかげです」と感謝の気持ちを語った。



(c)弐瓶勉・講談社/東亜重工動画制作局

最終更新:5/28(日) 14:15
映画ナタリー