ここから本文です

フジ新人アナ4人、研修中にダウンタウンなう出演 松本・浜田・坂上から洗礼

5/28(日) 8:52配信

デイリースポーツ

 今年4月入社のフジテレビ新人アナウンサー4人が、6月9日放送の同局系「ダウンタウンなう」(後9時55分)に出演することが28日、明らかになった。出演するのは安宅晃樹(あだけ・こうき)、海老原優香(えびはら・ゆか)、久慈暁子(くじ・あきこ)、黒瀬翔生(くろせ・しょうい)。研修中、しかも4日目での収録で、お笑い界の大御所・ダウンタウンや坂上忍から洗礼を浴びた。

【写真】久慈暁子アナ、市長公認恋人の日本ハム・大谷とツーショット

 昨年7月にも藤井弘輝アナ、上中勇樹アナ、鈴木唯アナ、堤礼実アナ、永尾亜子アナの新人5人が出演したが、研修を終えた4日後で、研修中での番組収録参加は異例の早さだという。元「non-no」専属モデルで母親もアナウンサーという久慈、「ミス学習院」や、2015年度の「Miss of Miss」で準グランプリを獲得した海老原、東京大学・大学院卒で「ミスター東大」の安宅、は学歴の高さを、ジャニーズ事務所や「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」に応募し落選した過去を持つ黒瀬は、それぞれ経歴や自己紹介の内容を突っ込まれていく。

 坂上は元モデルの久慈に「自分のこと、キレイと思ってるでしょ?」と切り込む。原稿を読む際に眉間にシワが寄ってしまうという海老原に対して、この日出演したアナウンサーの先輩・田中みなみは、自身がきつい性格に見られていたという経験から「ぶりっこキャラ」を誕生させた秘話を語る。

 【収録にあたっての新人4人のコメント】

 安宅晃樹「ダウンタウンさんは、自分にとっては本当に空想上の人物でしたので、まず実際にいるんだということと、松本さんのマッチョぶりに驚きました」

 海老原優香「坂上さんには、いろいろと突っ込まれてしまい、動揺してしまいました(笑)。ダウンタウンのお二人に出会えたこと自体がうれしくてテンションが上がりましたが、お二人のオーラに圧倒されてしまいました」

 久慈暁子「坂上さんからは、ちょっと強めのイジリもいただきましたが、愛情を感じました。松本さんは、私たちが普通のことを言っているのに、全部面白く拾おうとしてくださって、さすが芸能界のトップにいらっしゃる方だなと思いました。浜田さんはもう少し攻撃的な方なのかなと思っていましたが、意外と穏やかな方なのかなと(笑)」

 黒瀬翔生「坂上さんは怖い方なのかなというイメージがあり、収録でもズバズバ切り込まれていましたが、僕たちのことを本当に知ろうと下さっているのかなという愛情をとても感じました。松本さんはオーラがすごくて、何をしゃべったらいいんだろうと焦って空回りしてしまったんですが、それでも何度か松本さんに話を振っていただいたので、もう少し頑張りたかったです。浜田さんは憧れの方なので、もうちょっと絡みたかったですし、欲を言えばたたかれたかったです(笑)」