ここから本文です

「パイレーツ・オブ・カリビアン」最新作で監督2人が生首のモデルに

5/28(日) 20:05配信

映画ナタリー

7月1日より全国で公開される「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」。このたび、本作で監督を務めたヨアヒム・ローニングとエスペン・サンドベリが、劇中に登場する生首のモデルになっていることがわかった。

【写真】「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」新場面写真(他9枚)

「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズ第5弾にあたる本作で描かれるのは、“海の死神”サラザールとジャック・スパロウの戦いや、伝説の秘宝“ポセイドンの槍”を巡る争奪戦。ジョニー・デップがジャックを演じ、ハビエル・バルデムがサラザール役を務めた。

ローニングとサンドベリをモデルとした生首を見ることができるのは、予告編第2弾にも登場する処刑広場でのシーン。予告編には映っていないが、本編を劇場で鑑賞する際にどの生首が2人をモデルにしたものなのか確認してみては。



(c)2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

最終更新:5/28(日) 20:25
映画ナタリー