ここから本文です

ざこば脳梗塞で入院、稽古場到着時に足ふらついていた 今後は未定

5/28(日) 13:40配信

デイリースポーツ

 落語家の桂ざこば(69)が左中大脳動脈閉塞症、塞栓性脳梗塞と診断を受け、入院したことが28日、発表された。

 ざこばは27日、大阪松竹座6月公演「銀二貫」(6月1日初日)に出演する予定だった。所属事務所によると、27日の朝に、自宅から稽古場へ一人で移動したが、到着時に足がふらついている様子に舞台関係者が気づき、大阪市内の病院に搬送されたという。

 ここ半月ほどは舞台の稽古に力を入れる生活だった。テレビ出演もこなし、大好きなお酒もたしなんでいたという。事務所の公式サイトで松竹座での舞台の休演とテレビレギュラー、今後の落語会を休演することになったと発表された。大阪松竹座の代役は高田次郎と桂米團治が務める。

 所属事務所は、医師から1カ月以上の加療が必要との診断を受けており、今後の予定は未定としている。

 同公式サイトには「関係各位にはご迷惑をお掛け致し、まことに申し訳ございません。退院、仕事復帰につきましては改めてご連絡させていただきますので、皆様方にはご心配をお掛け致しますが何卒ご理解のほどをよろしくお願い致します」と報告されている。