ここから本文です

山中慎介の祝勝会、具志堅氏とのタイ記録へジョークで「V13ガウン着て入場も」

5/28(日) 13:42配信

デイリースポーツ

 WBC世界バンタム級王者・山中慎介(帝拳)の「V12祝勝会」が28日、東京・錦糸町の東武ホテルレバント東京で、650人を集めて行われた。後援者、ファンの他、俳優の岩城滉一、女子レスリング55キロ級3大会金メダリストの吉田沙保里、シンガー・ソングライターの持田香織、タレントの南部虎弾、猫ひろしら650人が駆けつけて祝った。

 山中は「多くの方に集まっていただいてすごくびっくりしています。3月5日(V12戦)は皆さんの声援が力になり防衛することができました。内容的には反省が多い試合でしたが、反省は次に生かしたいと思います」とあいさつした。

 8月に指名挑戦者で同級1位のルイス・ネリー(メキシコ)と13度目の防衛戦が決まった。元WBA世界ライトフライ級王者・具志堅用高(協栄)の持つ世界戦連続防衛の日本記録に並ぶ大一番。

 「記録は意識しない」と繰り返し続けている山中だが「一応、(大記録に)並ぶので今までの防衛戦よりも周りの方の見る目が違うかな、と思う」とし、「『V13』と書いたガウン着て入場しましょうか。思い切り意識してるやん、って突っ込まれるね」とジョークを飛ばした。