ここから本文です

阪神 ドラ2小野、初回のピンチ切り抜ける ロペスの打球は判定通りファウル

5/28(日) 14:26配信

デイリースポーツ

 「阪神-DeNA」(28日、甲子園球場)

 先発した阪神・ドラフト2位の小野(富士大)が初回、絶体絶命のピンチを無失点で切り抜けた。

 先頭の桑原に高めに浮いた直球を狙われ、右翼手・中谷の頭上を越える二塁打で出塁を許した。続く梶谷が進塁打となる二ゴロで1死三塁。ここでロペスに1-1から3球目、高めに浮いた135キロフォークをフルスイングされた。高々と舞った打球は放物線を描き、左翼スタンドへ。ロペスは本塁打を確信して、一塁方向へ走り始めた。

 だが、三審・山本貴はファウルの判定。DeNAベンチの要求でリプレー検証が行われたが、左翼ポールのわずか左を抜けたとして判定通り試合が再開した。ロペスは続く直球を打って、浅い遊飛に。続く筒香をフォークで空振り三振に抑え、この回を無失点で終えた。