ここから本文です

桂ざこばが緊急入院…「塞栓性脳梗塞」「左中大脳動脈閉塞症」と診断

5/28(日) 11:56配信

スポーツ報知

 落語家の桂ざこば(69)が27日に大阪市内の病院に緊急入院したことが28日、所属事務所から発表された。精密検査の結果、「左中大脳動脈閉塞症」「塞栓性脳梗塞」と診断され、1か月以上の入院加療を要するという。

【写真】毎年恒例の独演会も「しんどい」と語っていた桂ざこば

 ざこばは27日、出演を予定していた大阪松竹座六月公演「銀二貫」(6月1日初日)のけいこ場へ向かう途中に体調を崩し、けいこ場に到着した際には足がもつれ、言葉も不明瞭だったことから救急車で搬送された。搬送時、意識はあったという。

 手術するかどうかなどは未定。同公演、テレビのレギュラー、落語会などはしばらくの間、休演する。

最終更新:5/28(日) 14:04
スポーツ報知