ここから本文です

大阪桐蔭が4強入り、大阪代表3校すべてが進出

5/28(日) 15:25配信

デイリースポーツ

 「高校野球春季近畿大会1回戦・大阪桐蔭6-3智弁和歌山」(28日、舞洲)

 今春のセンバツを制した大阪桐蔭(大阪1位)が、智弁和歌山(和歌山1位)を破って準決勝に進出した。

 大阪桐蔭は初回に山田健太外野手(2年)の中前適時打と、根尾昂外野手(2年)の中犠飛で2点を先制。二回は藤原恭大外野手(2年)が左前へ2点適時打を放ち、試合を優位に進めた。

 先発の徳山壮磨投手(3年)はリードを守り、9回3安打3失点で完投した。

 近畿大会はこれで4強が出そろい、大阪勢は出場した3校全てが勝ち上がった。準決勝は大体大浪商(大阪2位)-東海大仰星(大阪3位)と、彦根東(滋賀1位)-大阪桐蔭の組み合わせで6月3、4日に舞洲で行われる。

 大阪桐蔭と智弁和歌山の先発は以下の通り。

 〈先攻・智弁和歌山〉

 1番・右翼 大星博暉外野手(3年)

 2番・二塁 森本季幹内野手(3年)

 3番・三塁 黒川史陽内野手(1年)

 4番・捕手 蔵野真隆捕手(3年)

 5番・中堅 津田和義外野手(3年)

 6番・一塁 文元洸成内野手(2年)

 7番・左翼 神先恵都外野手(2年)

 8番・遊撃 谷航成内野手(3年)

 9番・投手 黒原拓未投手(3年)

 〈後攻・大阪桐蔭〉

 1番・中堅 藤原恭大外野手(2年)

 2番・一塁 中川卓也内野手(2年)

 3番・左翼 山本ダンテ武蔵外野手(3年)

 4番・三塁 山田健太外野手(2年)

 5番・右翼 根尾昂外野手(2年)

 6番・捕手 福井章吾内野手(3年)

 7番・二塁 坂之下晴人内野手(3年)

 8番・遊撃 泉口友汰内野手(3年)

 9番・投手 徳山壮磨投手(3年)

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/28(金) 16:00