ここから本文です

中村昌也 矢口真里との結婚時、父親の行為で大恥かいた

5/28(日) 16:07配信

デイリースポーツ

 俳優の中村昌也(31)が28日、カンテレの「お笑いワイドショー マルコポロリ!」に出演し、前妻の元モーニング娘。矢口真里(34)と結婚当時を振り返り、自身の父親の行為によって大恥をかいたことを明かした。

 中村は父親について「仕事は何をしていたのかさっぱり分からない」と職業不詳であることを明かした。現在は60歳で、やはり何をしているのか「分からない」という。母が管理栄養士で仕事をし、一家を養っていたという。父親は自分と兄のお年玉も取っていった。

 中村は「両家の顔合わせがあるじゃないですか」と矢口と結婚した時に親同士が対面した際のことを振り返った。父親を連れて行きたくはなかったが、「儀式的に親父を連れて行かなければいけないんで連れて行った」とやむなく同席となった。父親にはおとなしくしているように言い含め、守っていたもののお酒も入って少しずつ変化していった。

 父親が矢口の両親に年齢を尋ね、一つ下であることが分かるとひょう変。中村は「次の言葉からタメ口を使うようになったんです」と明かすと、出演者は一様に声を上げて驚いた。MCの東野幸治は「それ、恥ずかしい」と中村の胸中を思いやった。

 中村と矢口は2011年5月に結婚。13年5月に矢口が不倫し、現場を中村に目撃されて離婚した。