ここから本文です

DeNA今永、粘りの投球で5回1失点

5/28(日) 16:30配信

デイリースポーツ

 「阪神-DeNA」(28日、甲子園球場)

 先発したDeNA・今永昇太投手は、5回を3安打1失点だった。本調子ではなかったが粘った。二回に大和に左中間に適時二塁打を浴びて先制点を献上。だが大崩することはなく要所を締めた。五回1死二、三塁のピンチも中谷を捕邪飛、原口を二ゴロに仕留めた。打線の援護にも恵まれ、勝利投手の権利を持ってマウンドを降りた。

 今永は「序盤、変化球が高めに抜けることが多かったですが、試合の中で修正することができました。また前回、前々回登板の反省を踏まえ、最少失点で抑えられたことは良かったです。次回の登板までに追い込んでからのボールの質を上げられるよう調整したいと思います」と話した。