ここから本文です

38歳7か月の安美錦、最年長での十両優勝ならず…取り直しの一番で錦木に敗れる

5/28(日) 15:31配信

スポーツ報知

◆大相撲夏場所千秋楽 ○錦木(はたき込み)安美錦●(28日・両国国技館)

 大相撲夏場所千秋楽が28日、両国国技館で行われ、西十両8枚目の安美錦(38)=伊勢ヶ浜=が同じ9勝5敗の東十両4枚目・錦木(26)=伊勢ノ海=と十両優勝をかけた一番ではたき込みで敗れ十両優勝はならなかった。安美錦は同体で取り直しとなった一番で敗れた。勝った錦木が十両初優勝を果たした。

 元関脇の安美錦は、勝てば1987年名古屋場所の舛田山(現・常盤山親方)の36歳3か月を更新する戦後最年長となる38歳7か月での十両Vを逃した。

 幕内だった昨年夏場所に左アキレス鍵を断裂し2場所休場。秋場所で十両に転落した。5場所目となる今場所は10日目まで5勝5敗、終盤の連勝で千秋楽に優勝の可能性を残す大奮闘だった。

最終更新:5/28(日) 15:31
スポーツ報知