ここから本文です

白鵬、全勝V締め「ただいま帰ってきました!」日馬富士を1分29秒の攻防で制す

5/28(日) 17:33配信

デイリースポーツ

 「大相撲夏場所・千秋楽」(28日、両国国技館)

 1年ぶり通算38度目の幕内優勝を決めている白鵬(宮城野)は日馬富士(伊勢ケ浜)との横綱対決を寄り切りで制し、自身の持つ記録を更新する13度目の全勝優勝で締めくくった。

 立ち合いから右四つとなり、先に日馬富士が左上手を取った。白鵬は左手で相手のまわしをたぐりながら、勝負を急がなかった。そして、1分29秒の攻防の末、最後は白鵬が十分な態勢に持ち込んで寄り切った。

 白鵬は表彰式後の場内インタビューで開口一番、「ただいま帰って来ました!」とあいさつ。続けて「国歌が歌えて最高の気持ちです」などと1年ぶりVの感慨を表した。