ここから本文です

【中日】ドラ1柳、燕ドラ2星と明大ルーキー対決実現!「ライバル。意識している」

5/28(日) 15:46配信

スポーツ報知

◆中日―ヤクルト(28日・ナゴヤドーム)

 明大出身ルーキー同士の投げ合いが実現した。中日はバルデスが先発として来日最短の2回6失点でKOされたため、3回からドラフト1位・柳裕也投手(23)がプロ3度目の登板。ヤクルトの先発はドラフト2位の星知弥投手(23)が務めた。

 3回1死一塁では投手・柳と打者・星が直接対決。星がきっちりと送りバントを投前に転がした。

 明大時代は柳がエース兼主将。星は抑えや先発2番手を務めていた。昨秋の明治神宮大会決勝(対桜美林大)では、先発の柳が4回2失点、救援の星が5回無失点の好リレーで日本一へと導いた間柄だ。

 プロでは星が、柳より先に初勝利を挙げている。試合前、かつてのチームメートについて問われた柳は「(星の登板試合は)テレビで見ていた。負けたくない気持ちはどちらにもある。大学1年のときからライバルで、最後(明治神宮大会)は2人で勝てた。自分は星を意識していたし、星も自分を意識してやっている」と対抗心をむき出しにしていた。

最終更新:5/28(日) 16:01
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/26(月) 22:00