ここから本文です

DeNAが2カード連続勝ち越し 阪神小野は3回6失点KO

5/28(日) 18:01配信

デイリースポーツ

 「阪神2-6DeNA」(28日、甲子園球場)

 DeNAが逆転勝ち。2カード連続の勝ち越しを決めた。2位・広島が巨人に勝ったため、阪神は首位陥落となった。

 DeNAは1点を追う三回、2死二、三塁からロペスが中堅前方へ飛球を打ち上げた。この打球を追った阪神・糸井と大和が交錯。2点二塁打となり、逆転した。さらに宮崎の適時二塁打、戸柱の右越え3ランでこの回一挙6点を奪った。

 戸柱は「みんながつないでくれたチャンスだったんで、思い切っていきました」と話した。

 先発の今永は二回に先制を許したものの追加点は許さず。5四球を与えるなど制球に苦しみながらも、5回3安打1失点と粘りの投球を見せた。

 阪神先発の小野は二回まで無失点だったものの、三回に6失点。3回5安打6失点と、先発としての仕事を果たせなかった。

 打線は二回1死一塁から大和の左中間二塁打で先制した。5点を追う七回には1死満塁から4番・中谷の左犠飛で1点を返したが、そこまで。3カード連続の負け越しとなった。