ここから本文です

FC大阪、後半ロスタイムに川西同点弾 勝ち点1加え3位浮上

5/28(日) 18:13配信

デイリースポーツ

 「JFL、流経大ドラゴンズ龍ケ崎1-1FC大阪」(28日、たつのこフィールド)

 サッカーJFLの第11節が開催され、大阪から第3のJリーグ入りを目指すFC大阪は1-1で流経大ドラゴンズ龍ケ崎と引き分けた。勝ち点1を加え、順位を前節から1つ上げて3位となったが、首位・ソニー仙台FCとの勝ち点差は「5」に広がった。

 前半からFC大阪が攻勢を仕掛けるが、流経大ドラゴンズの守備をこじ開けられない。すると徐々に流経大ドラゴンズが攻撃に転じる。しかしGK城森の好守などで得点は許さず、前半は0-0のスコアレスで折り返した。

 前半同様一進一退の攻防を繰り広げていた後半16分、FC大阪DF水谷が負傷で交代を余儀なくされ、DF西岡を投入。そのわずか1分後、ディフェンスラインを流経大ドラゴンズMF金に破られ、先制点を許す。これ以上上位との差を広げられるわけにはいかないFC大阪は次々と攻撃的な選手を投入するが、同点に追いつくことができない。このまま試合終了かと思われた後半ロスタイム、FW田中のパスにFW川西が頭で押し込み、土壇場で追いついた。しかし逆転するには残された時間は少なく、このまま試合終了。FC大阪はアウェイで勝点1を手に入れ、第1ステージ3位に浮上した。

 FC大阪は次節、6月4日にホームの万博記念競技場で2位のHonda FCとの上位対決に臨む。