ここから本文です

【Bリーグ】横浜、B2広島下しB1残留決める

5/28(日) 16:26配信

スポーツ報知

◆プロバスケットボール Bリーグ B1・B2入れ替え戦 横浜ビー・コルセアーズ74―53広島ドラゴンフライズ(28日、東京・代々木第一体育館)

 B1残留決定戦で敗れた横浜が、B2プレーオフ3位の広島を下し、B1残留を決めた。主将でポイントガードの山田謙治は「ほっとしている。負けられない戦いだったので、選手1人ひとりが集中した結果が(勝利に)つながった」と喜びを語った。

 試合は前半、横浜は元日本代表でエースのシューティングガードの川村卓也が0点に抑えられたが、センター陣が奮起し、ゴール下で得点を加算。30―26とリードを奪い、後半につないだ。

 後半に入ると横浜は6連続得点などで一気に点差を広げ、第3Qだけで25得点。55―39とした。最終Qも勢いは止まらず。エースの川村が2得点と伸び悩む中、センターのジェイソン・ウォッシュバーンや、ジェフリー・パーマーが確実に得点を重ね、74―53の大勝を飾った。

最終更新:5/28(日) 16:26
スポーツ報知