ここから本文です

【中日】2回KOのバルデス2軍落ち…暴れん坊のスピード狂、ロンドンが昇格へ

5/28(日) 20:16配信

スポーツ報知

◆中日1―7ヤクルト(28日・ナゴヤドーム)

 中日がヤクルトに大敗し、1日で最下位に逆戻りした。

 ラウル・バルデス投手(39)は先発として来日最短の2回6失点(自責2)でKO。京田の2度にわたる拙守に足を引っ張られたが、2回に打者11人から6安打の集中打を浴び「きょうは球が高かった」と肩を落とした。これで自身3連敗。試合後に2軍降格が決まった。

 友利結投手コーチ(49)は「バルデスは(6回途中5失点だった23日のDeNA戦に続き)2試合続けて悪かったのでリフレッシュさせます」と説明。「代わりに“暴れん坊のスピード狂”を上げます」と、最速159キロの新外国人右腕、ホルヘ・ロンドン投手(29)を30日に初昇格させると明言した。

 一方、2番手として3回からマウンドに上がったドラフト1位・柳裕也投手(23)は、3イニングを3安打1失点。4三振を奪うなどテンポの良い投球を披露し、友利コーチは「先発が競争めいた感じになってきた。若い者にチャンスが出てくる」と、柳を6月2日からの楽天3連戦(ナゴヤドーム)でプロ初先発させることを示唆した。

最終更新:6/7(水) 14:39
スポーツ報知