ここから本文です

【MLB】ナショナルズ快勝、S.ストラスバーグは自己最多の15Kで6勝目

5/28(日) 11:04配信

ISM

 ワシントン・ナショナルズは現地27日、地元でサンディエゴ・パドレスと対戦。先発スティーブン・ストラスバーグ投手がキャリアハイとなる15奪三振を記録する活躍をみせ、3対0でナショナルズが勝利した。

 ナショナルズはマイケル・テイラー外野手の4号2ランなどで6回までに3点を奪取。パドレスにそのまま得点を許さずに逃げ切った。ストラスバーグは7回を投げ、3安打、1四球、15奪三振、無失点という成績で今季6勝目(1敗)を挙げた。

 初回だけで27球を要したストラスバーグは「もし初回のような投球が続いていたら、長いイニングは投げられなかっただろうね」とコメント。その後の好投の要因については「ストライクゾーンを攻めようと思って投げた」と語った。(STATS-AP)

最終更新:5/28(日) 12:43
ISM

スポーツナビ 野球情報