ここから本文です

会津のパワー世界へさらなる飛躍誓う ふくしま産業賞

5/28(日) 12:26配信

福島民報

 会場の道の駅「あいづ 湯川・会津坂下」では、ふくしま産業賞受賞企業の初の連携イベント開幕を祝うセレモニーが行われた。実行委員会を代表し、北良明羅羅屋常務が「ふくしま産業賞を受賞した会津地方の9社が集い、それぞれの技とサービスを提供したいとの思いで企画した。会津のパワーを発信するイベントを開催でき、感慨深い」とあいさつした。
 福島民報社の高橋雅行社長は「受賞企業が一つのチームをつくったことがうれしい。このエネルギーを県内全域、日本、世界に届けてほしい」と述べた。
 北常務、高橋社長をはじめ、久田雅之会津ラボ社長、松崎健太郎おくや社長、曽根佳弘三義漆器店社長、鈴木哲也長門屋本店社長、渡部孝二NPO法人あたご理事長、道の駅「あいづ 湯川・会津坂下」を運営する株式会社湯川会津坂下の大塚節雄社長、二瓶孝也会津中央乳業社長、マストロ・ジェッペット営業・企画の相沢和宏さんがテープカットした。
 来場者代表の長沢凜空(りく)君(5つ)=喜多方市・ドレミ保育園=、荒井逞(たくま)君(7つ)=会津坂下町・坂下南小2年=、佐藤敬乃(ゆきの)さん(9つ)=会津美里町・本郷小3年=、会津坂下町のご当地ヒーロー・初市戦士タワライガーも加わった。

■参加9企業・団体の主な出展内容と連絡先
□マストロ・ジェッペット(南会津町田島)
 イタリアから取り寄せた本場のピノキオに色を塗るワークショップ(電話)0241(62)1600
□羅羅屋(工場・会津若松市河東町)
 ランドセル生地を使った移動ポケット作り体験とランドセルの展示(電話)0242(23)8111
□会津ラボ(会津若松市インター西) 
 タブレット端末をカードにかざすと画面上に3D動物が現れるAR(拡張現実)体験(電話)0242(23)8285
□おくや(喜多方市字長面)
 会津産落花生を使った納豆やプリン、みそなどのピーナツ商品の試食・販売(電話)0241(25)7915
□三義漆器店(会津若松市門田町)
 はっ水性の高い食器の展示とグッドデザイン認定品を含む木製食器の展示・販売(電話)0242(27)3456
□長門屋本店(会津若松市川原町)
 会津産鬼くるみを使ったひと口和菓子「香木実(かぐのきのみ)」の限定販売(電話)0242(27)1358
□NPO法人あたご(南会津町中荒井)
 南会津産杉を使った割り箸の展示と無添加ドライフルーツ、乾燥野菜の販売(電話)0241(62)6211
□道の駅あいづ湯川・会津坂下(湯川村佐野目)
 おくやのピーナツ、長門屋本店のあんこなどを使ったジェラート販売(電話)0241(27)8853
□会津中央乳業(会津坂下町金上) 
 自社製の乳製品を詰め合わせたお買い得セットの限定販売(電話)0242(83)2324

福島民報社

最終更新:5/28(日) 12:42
福島民報