ここから本文です

木村拓哉、SMAP解散で変わった?家族ネタなど“自然体”感じさせる

5/28(日) 7:10配信

dmenu映画

SMAPが解散して、現在は1人の俳優として活動している木村拓哉。今も変わらず“抱かれたい男”らしい輝きを放ち続けていますが、最近少し変わったかも……? 高校の同級生であるマツコ・デラックスと共演した際は、これまでNGと見られてきた家庭ネタに触れたことで話題を呼びました。

【画像】『無限の住人』でキムタクと共演した杉咲花!

マツコ、禁断の(?)家族ネタぶっこむ

4月27日深夜放送のテレビ朝日系「夜の巷を徘徊する」では、木村とマツコの同級生コンビが街歩きを楽しみました。どうやらマツコの出演番組をよく見ているらしい木村を、マツコは「きっとあたしのこと大好きなのね」とイジリます。そして、「本当のところ、この人の娘さんたちがあたしの番組を見てくれているのね。この人があたしの番組見るわけないもん」と木村に“娘”ネタをぶっこんだのです。木村は2人の娘を持つ妻帯者ではありますが、ジャニーズアイドルの中でもレジェンドと言える立ち位置だけに、自身の家族を話題に出すことはありません。しかし、木村はマツコの言葉に「俺が一番(リモコンの)占有権ある」と反論してみせ、家庭での姿を想像させました。

さらにマツコは、木村との共演の後編、5月4日深夜放送の同番組でも攻めました。工藤静香のヒット曲「嵐の素顔」のダンスを披露してみせて、木村から「バカ! その手、やめろ!」とツッコまれる一幕がありました。こんなネタを投下できるのは、高校の同級生という関係があるからか。それとも単純にマツコがすごいのか……。

今年は「自然体でやっていきたい」

4月10日放送のフジテレビ系「さんタク」も、なかなかインパクト大なコンセプトでした。こちらは、木村と明石家さんまがおくる名物特番ですが、記念すべき15回目、初のゴールデンタイム放送となる4月10日放送回では、木村が1日さんまの付き人を務めました。さんまがプライベートをテレビ初公開するというのも見どころでしたが、木村が付き人役というのもすごい。スーツ姿で車を運転したり、さんまの収録中じっと待機していたり、おつかいしたり。人に使われる立場という木村のレアな姿が楽しめました。木村もなかなか楽しそうにしているのが印象的!

こういった番組を見て、視聴者は「肩の力が抜けた感じ」「自然体」と木村を評しています。確かに最近の木村は変化を感じさせる……。4月29日より公開中の主演映画『無限の住人』では、汚い着物にボサボサ頭、息も絶え絶えになりながらなんとか勝利していく剣士を演じ、新境地を感じさせました。

木村は4月20日放送のフジテレビ系「とくダネ!」に出演した際、「今年は芸能活動の上でも大きな意味を持つ年なのか?」という質問に対して、「あくまで自然体でやっていきたい」と答えていました。芸能活動は30年近い木村ですが、新たな一面を今後どんどん見せてくれそうです。

(文/原田美紗@HEW)

最終更新:5/28(日) 7:10
dmenu映画