ここから本文です

イオンタウン長与オープン 1500人行列

5/28(日) 9:55配信

長崎新聞

 西彼長与町初の大型複合商業施設、イオンタウン長与が27日、同町北陽台1丁目の住宅団地、ヴューテラス長与北陽台内にオープン。初日から大勢の人出でにぎわった。

 同タウンには、核店舗の食品スーパー、マックスバリュ長与中央店のほか、物販8業者、サービス22業者、飲食3業者が出店。開店前には約1500人が行列を作り、真新しい店舗で買い物を楽しんだ。大門淳イオンタウン社長は「日常必要な物やサービスがそろう、気軽に使ってもらえるショッピングセンターを目指したい」と話した。

 出店34業者のうち半数が県内企業。同町の商店街にあったサテライト店を移転オープンした浜屋百貨店の担当者は「郊外型店舗の出店は初。百貨店のブランドを集約した品ぞろえにした。イオンに来る浜屋のファンをつかみたい」と話していた。

長崎新聞

最終更新:5/28(日) 9:55
長崎新聞