ここから本文です

広島・庄原の比婆山連峰で山開き 登山者ら景色満喫、安全祈願も

5/28(日) 20:13配信

山陽新聞デジタル

 比婆道後帝釈国定公園にそびえる比婆山連峰の山開きが28日、広島県庄原市西城町地区の竜王山(1256メートル)9合目付近の駐車場で開かれた。田植え踊りや神楽が奉納され、関係者が登山シーズンの到来を祝った。

 主催者の西城町観光協会や市の関係者、登山客ら約500人が参加。芝生ステージでは、地元女性が花笠姿の早乙女に扮(ふん)し、昔ながらの田植え踊りを披露。西城川子ども太鼓、西城町神楽愛好会による勇壮な舞も繰り広げられた。登山の無事を祈る安全祈願神事もあった。

 山頂ではカラフルなウエアに身を包んだ若者やリュックを背負った高齢夫婦らが、周囲の山々を一望できる360度の大パノラマを満喫していた。三次市から夫婦で訪れた女性(66)は「鳥のかわいらしい声が響き、空気も冷たくて気持ちいい。最高の気分」と喜んでいた。

 ほかに同国定公園内では吾妻山(1239メートル)が6月4日、道後山(1269メートル)が18日に山開きを行う。

Yahoo!ニュースからのお知らせ