ここから本文です

【夏休みの旅行】そろそろ計画をしないと「早割」に乗り遅れます。

5/28(日) 8:01配信

マネーの達人

夏休みをどう過ごすか予定はもう立てましたか?

「えっ、まだゴールデンウィークも過ぎたばかりなのに……」
と思われるかもしれませんが、料金が高くなる夏休みやお盆の旅行計画は、できるだけ早めに立てておくのが「お得」です。

■お盆休みの期間は企業によって異なりますが…

今年のお盆は2016年に施行された「山の日」がうまく連休とつながり、8月11日(金)の「山の日」の祝日から8月16日(水)のお盆の日までの6日間がお休みとなって、例年より長めの休暇期間が見込めます。

旅行や移動をする方も多くなると考えられるので、できるだけ早めに予約を立てて、お得なプランを選ぶようにしましょう!

航空券の早割

■ANA「旅割」

お盆の帰省で気になるのが交通費です。普段より高めの料金設定になっていることが多いので、できるだけ安く済ませたいですね。

ANAの「旅割」は、搭乗日の75日前から21日前までに予約することで、航空券が割引料金で購入できるというお得なサービスです。

早割を使うと心配なのが、急な予定でスケジュールが変更になってしまった場合にかかる料金です。

ANAの「旅割」は、払戻手数料は1区間につき430円かかりますが、搭乗日55日前までは取消手数料がかからないというのもうれしいですね。

■JAL「先得」

JALには「先得」というプランがあります。こちらは搭乗日の75日前から28日前までに予約することで、航空券を安く購入できるというものです。

なお、JALの「先得」については払戻手数料が1区間につき430円、取消手数料は取消日にかかわらず、運賃に対し約50%相当額がかかるため注意してください。

宿泊やツアー予約も早めがお得!

■じゃらん「早いとお得なプラン」

宿泊予約サイトのじゃらんでは、数多くの早期割引プランを取り扱っています。

90日前までの予約で利用できる「早期割90」では、宿泊施設によっては通常料金の半額以下のプランを用意していることもあります。

早期割を使っても、キャンセル規定は一般の宿泊予約と変わらないホテルも多いので、旅行の計画が決まったら「とりあえず予約しておく」のがおすすめです。

1/2ページ

最終更新:5/28(日) 8:01
マネーの達人