ここから本文です

痛い?ダサい?菅田将暉の待ち受け画面

5/28(日) 0:30配信

ニッポン放送「しゃベル」

5月22日(月)深夜放送の「菅田将暉のオールナイトニッポン」で、待ち受け画面に “アインシュタイン”の写真を愛用していることを話題にあげた。

ラジオ本番前、スタッフから、携帯の待ち受け画面をアインシュタインにしていることを散々イジられ、笑われたという菅田。カッコつけている感じがして痛い、と指摘されたようで「おれは痛いのか?」とその時の様子を話すそばから、再度スタジオのスタッフから笑われ、「お~い、全員笑っているやんけ!ヤバいんかな?(笑)」と、まさかの状況に困惑した様子で、待ち受けをアインシュタインにした理由を話した。

『待ち受けにした理由は、教師志望だったから。数学だけが好きで、点数も唯一良くて。当時、僕なりに相対性理論を分かろうとして……未だに分かっていませんが(笑)そこから、彼が舌を出して「べー」ってしている顔がなんか好きで。

お洒落だと思ったわけじゃないからね!!凄いイジられて「う~っわ!菅田、アインシュタインを待ち受けにしてる~めっちゃカッコつけてる~痛っ!」ってスタッフに言われて。みんなは何の待ち受けにしているのさー?

携帯の電源を入れてパスワードを入力するときの画面がアインシュタインで、パスワードを解除すると、ダウンタウンさんとのスリーショット。あ、これは誰も笑わないね。僕にとって大事な思い出の写真ですから。』

この後、リスナーからも「笑える」「ダサー」と、菅田へのダメ出しが寄せられ、菅田に似合う“狙っていない感じの待ち受け”を募集することになった。「犬」「革命家」「洋楽歌手のアーシャ」など、更に痛い意見が届く中、“コレにしよう!”と変更しかけたが、「他人の意見に振り回されるな」「2時間突かれたくらいで……」と“アインシュタイン派”の意見も届き、「どうしたらいいか分からなくなるやーん」と菅田を悩ませた。

ニッポン放送