ここから本文です

第1シードのバーテンズが大会連覇 [ニュルンベルク/女子テニス]

5/28(日) 13:45配信

THE TENNIS DAILY

 ドイツ・ニュルンベルクで開催された「ニュルンベルガー保険カップ」(WTAインターナショナル/5月21~27日/賞金総額25万ドル/クレーコート)のシングルス決勝で、前年の優勝者で第1シードのキキ・バーテンズ(オランダ)がランキング254位で予選から勝ち上がってきたバーボラ・クレチコバ(チェコ)を6-2 6-1で圧倒し、大会連覇を達成した。試合時間は56分。

土居美咲は準決勝を途中棄権、バーテンズが大会連覇に王手 [ニュルンベルガー保険カップ]

 今大会でWTAツアー初の決勝進出を果たしたクレチコバだったが、バーテンズに7本のサービスエースを奪われるなどプレーに精彩を欠いた。

 一方のバーテンズは、今月初めに行われたマドリッド(WTAプレミア・マンダトリー/クレーコート)でベスト8に進出、続くローマ(WTAプレミア5/クレーコート)では4強入りを果たし、今大会ではキャリア通算3度目のタイトル獲得。徐々に調子を上げており、全仏オープンに向けて弾みをつけた。

 昨年のバーテンズは予選を勝ち上がり、決勝でマリアナ・デュケ マリノ(コロンビア)を6-2 6-2で下してタイトルを獲得していた。(C)AP (テニスマガジン/テニスデイリー)

Photo: NUERNBERG, GERMANY - MAY 27: Kiki Bertens of Netherlands celebrates after winning the final match against Barbora Krejcikova of Czech Republic during the WTA Nuernberger Versicherungscup on May 27, 2017 in Nuernberg, Germany. (Photo by Oliver Hardt/Bongarts/Getty Images)

最終更新:5/28(日) 13:45
THE TENNIS DAILY