ここから本文です

【スーパーフォーミュラ】岡山レース2:オーバーテイクシステム残数まとめ

5/28(日) 9:17配信

motorsport.com 日本版

 岡山国際サーキットで行われているスーパーフォーミュラ第2戦。今回のレースは昨年の第5戦岡山と同様、2レース制での開催となっている。

 スーパーフォーミュラに採用されているオーバーテイクシステムの使用回数は1大会につき5回。今回は、レース1とレース2を合わせて5回ということだ。

 レース1終了後の各ドライバーのオーバーテイクシステムの残り回数を以下にまとめた。レース1はピットストップ義務がなく、岡山が抜きにくいサーキットということもあり、スタートの際に1度使用されたかどうかというような状況。ドライバーたちはピットストップ義務があり、走行時のシチュエーションが変化する可能性が高いレース2に温存した格好だ。 

■レース1終了時点でのオーバーテイクシステム残数

P.MU / CERUMO・INGING
#1 国本雄資/4回
#2 石浦宏明/4回

KONDO RACING
#3 ニック・キャシディ/4回
#4 山下健太/4回

SUNOCO Team LeMans
#7 フェリックス・ローゼンクビスト/5回
#8 大嶋和也/5回

REAL RACING
#10 塚越広大/4回

TEAM 無限
#15 ピエール・ガスリー/5回
#16 山本尚貴/5回

KCMG
#18 小林可夢偉/4回

ITOCHU ENEX TEAM IMPUL
#19 関口雄飛/5回
#20 ヤン・マーデンボロー/4回

VANTELIN TEAM TOM’S
#36 アンドレ・ロッテラー/5回
#37 中嶋一貴/4回

DOCOMO TEAM DANDELION RACING
#40 野尻智紀/4回
#41 伊沢拓也/5回

B-Max Racing
#50 小暮卓史/5回

TCS NAKAJIMA RACING
#64 中嶋大祐/5回
#65 ナレイン・カーティケヤン/5回