ここから本文です

ネットの知り合いと会った…高校生3割 トラブル経験も、県警が調査

5/28(日) 10:30配信

埼玉新聞

 インターネットで知り合った人がいる中学生の17・5%、高校生の32・4%が実際に会った経験があることが、埼玉県警が実施したアンケート調査の結果で明らかになった。スマートフォンなどネットに接続できる機器の所有率は中学生で9割近く、高校生に至ってはほぼ100%に達し、学年が上がるにつれてネットの知り合いに接触した割合も上昇。県警は犯罪やトラブルに巻き込まれないよう、ネットの適正利用を呼び掛けている。

 アンケートは県警サイバー犯罪対策課が昨年4月27日~10月27日、県内の中高生1万7052人(中学生6140人、高校生1万912人)を対象に行った。それによると、「ネットで知り合った人はいますか」という質問に、中学生の31・8%、高校生の46・2%が「はい」と回答。このうち中学生の17・5%、高校生の32・4%が「実際に会ったことがある」と答えた。理由は「遊びたかった」が中学生で45・9%、高校生で51・7%といずれも最多となり、「興味があった」「暇だった」などが続いた。

 知り合うきっかけとなったアプリやサイトは、中学生は無料通信アプリ「ライン」が58・2%、高校生は短文投稿サイト「ツイッター」が76・2%で最も多く、会員制交流サイト(SNS)を通じてネット上の他人とつながる傾向が浮き彫りに。「出会い系サイト」と答えた中高生も1%未満いた。

 ネットの知り合いに「実際に会ったことがある」と答えた割合、「遊びたかった」と答えた割合は中高生とも学年に比例した。同課は「年齢が上がるつれて好奇心が強まり、知らない人に会うことに抵抗感がなくなるのでは」と分析。軽い気持ちの接触が犯罪に発展する危険性を指摘し、「ネットには個人情報を出さず、深く踏み込まないようにしてほしい」と警鐘を鳴らす。

 ネットの利用を巡るトラブルに関しては、「迷惑メール」に次いで「けんか」が多く、中学生の35・5%、高校生の25・0%が経験したことがあると回答。中学生は高学年になるにつれて割合が増え、高校生は逆に減少した。同課は「ネットのやりとりでは文章の流れから意味をくみ取らなければならず、同じ言葉でも人によって受け取り方が異なる。トラブルを避けるため、悪口や中傷は書かないことが大事」とアドバイスする。

 ネットの利用について「大人に言いたいこと」の項目では、フィルタリングや家庭に合ったルールを求める声の一方、「子どもにもプライバシーはある」「大人もルールを守ってほしい」といった意見も寄せられた。

 アンケートは中高生の実態を把握し、サイバー犯罪被害防止対策に役立てるのが狙いで、2015年度から実施している。今回の結果は教育関係者や保護者を対象とした情報セキュリティーセミナーなどに活用し、県警のホームページでも公開している。

最終更新:5/28(日) 10:30
埼玉新聞