ここから本文です

東国原英夫、ホリエモンとの炎上事件を語る「腹立ってさぁ!」

5/28(日) 11:00配信

AbemaTIMES

 『エゴサーチTV』に、政治活動家でタレントの東国原英夫がゲストとして出演。番組では、昨年ホリエモンこと堀江貴文と揉めてしまった騒動について語った。

 同番組ではお笑いコンビ・キングコングの西野亮廣がMCを務め、ゲストの名前や関連ワードをネットで検索し、世間からの評判や噂をチェックして情報の真偽を明らかにしていく。

 番組内で西野が堀江貴文と揉めたことについて尋ねると、東国原は「堀江がある番組で、『大阪都構想は選挙前に本を出版すれば住民投票で勝てたかもしれないのに』と言っていたんですよ。それに対して俺がTwitterで『選挙は本を出版すれば何とかなるような話じゃない』と反論したんだよ」と説明。

 ネットで詳しく検索してみると、口論の流れがまとめられた記事がヒットした。東国原に反論された堀江は「まだグダグダ言ってるんですか、バラエティの企画ごときに」と発言し、ケンカはさらにヒートアップ。「バラエティごときとか言っている人間(バカ)もいますが…」と東国原がツイートすると、「てめーが勝手に絡んできたんだろ」と堀江。「てめーって誰のことだ? どうでもいいけど、てめー、言葉にはちょっと気をつけろや」などと言い争ったという。

 結局この騒動は、テレビで堀江と対談をすることで収束。堀江は対談の中で「『てめー』という言葉は勢いで言ってしまい申し訳なかったけど、『ごとき』というのは信念を持って言ったので、謝罪しない」と発言したという。これについて東国原は「俺は『ごとき』を謝ってほしかったんだよね。人の職場をそういう言い方されたらねぇ」と、しこりは多少残っていることを告白した。

 西野も「自分で『ごとき』って言うならいいですけどね」と同意すると、東国原は「そうなのよ。でも堀江はテレビの仕事は片手間にやっているじゃん。なのにたくさんバラエティに出てる」と不満を漏らし、続けて「俺、堀江にクイズ番組で負けたのよ。腹立ってさぁ!」とコメントした。

(AbemaTV/『エゴサーチTV』より)

最終更新:5/28(日) 11:00
AbemaTIMES