ここから本文です

オーストラリア対決はストーサーに軍配 [ストラスブール/女子テニス]

5/28(日) 17:01配信

THE TENNIS DAILY

 フランス・ストラスブールで開催された「ストラスブール国際」(WTAインターナショナル/5月21~27日/賞金総額25万ドル/クレーコート)のシングルス決勝で、第6シードのサマンサ・ストーサー(オーストラリア)が第7シードのダリア・ガブリロワ(オーストラリア)を5-7 6-4 6-3のフルセットで下し、オーストラリア人対決を制した。試合時間は2時間45分。

大坂なおみは1回戦で第4シードのスアレス ナバロに敗退 [ストラスブール国際]

 ガブリロワはWTAツアー初タイトル獲得を逃し、オーストラリア女子ナンバーワンの座をストーサーから奪うことができなかった。

 第3セット第6ゲームでガブリロワは、痛恨のダブルフォールトをおかしてこのゲームをブレークされ、ストーサーに4-2とリードを許した。2011年の全米覇者のストーサーはそのあと試合の流れを掴み、このセットを6-3で奪って試合を制した。

 ストーサーは、2008年の10月からこれまで450週に渡り、オーストラリア女子ナンバーワンの地位を維持している。(C)AP (テニスマガジン/テニスデイリー)

Photo: MADRID, SPAIN - MAY 07: Samantha Stosur of Australia returns a shot to Sara Sorribes Tormo of Spain during day two of the Mutua Madrid Open tennis at La Caja Magica on May 7, 2017 in Madrid, Spain. (Photo by Denis Doyle/Getty Images)

最終更新:5/28(日) 17:01
THE TENNIS DAILY