ここから本文です

19歳の清水綾乃が2.5万ドル大会初優勝 [軽井沢/女子テニス]

5/28(日) 19:02配信

THE TENNIS DAILY

「ヨネックス 軽井沢国際女子テニス大会」(長野県・風越公園屋外テニスコート/本戦5月23~28日/賞金総額2.5万ドル/砂入り人工芝コート)は最終日を迎え、シングルス決勝が行われた。

ダブルスは細沼千紗と森崎可南子の大学生コンビが国際大会初優勝 [軽井沢国際女子]

 決勝は波形純理(伊予銀行)と清水綾乃(フリー)のトップ2シード対決となり、第2シードの清水が第1シードの波形を0-6 6-4 6-4で下して優勝を果たした。試合時間は1時間31分。

 この結果で清水は、2016年の初対戦から波形に3連勝となった。前週の久留米(ITF6万ドル/砂入り人工芝コート)では準々決勝で対戦し、波形の途中棄権で清水が勝っていた。

 今年4月にプロ転向を果たした19歳の清水は、シングルスでは昨年7月の香港(ITF1万ドル/ハードコート)に続くタイトル獲得で、通算2勝目。2.5万ドル大会では初優勝となった。

 今大会での清水は、1回戦で吉冨愛子(橋本総業ホールディングス)を6-0 6-3で、2回戦で予選勝者の押野紗穂(慶應義塾大学)を6-3 6-2で、準々決勝で牛島里咲(筑波大学)を6-3 6-3で、準決勝では第7シードの小堀桃子(橋本総業ホールディングス)を6-1 6-1で破って勝ち上がっていた。

     ◇   ◇   ◇

【シングルス決勝】

○32清水綾乃(フリー)[2] 0-6 6-4 6-4 ●1波形純理(伊予銀行)[1]

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

--------------------

表彰式での選手スピーチ・抜粋(情報提供◎大会事務局)

清水綾乃(シングルス優勝)
「今日は試合の入りが悪く、第2セットの途中まではどうしようかと思っていましたが、皆さんの温かい声援を受けて頑張ることができました。2.5万ドルでは初優勝なので、すごくうれしいです。この経験をしっかり次に生かして、もっと上のレベルで勝てるように頑張っていきますので、応援よろしくお願いします」

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:5/28(日) 19:02
THE TENNIS DAILY