ここから本文です

「市長は判決に従って」戸田市議の旅費返還訴訟、原告団が報告集会

5/28(日) 22:10配信

埼玉新聞

 埼玉県の戸田市議5人の2013年の豪州視察を巡り、さいたま地裁が旅費240万円全額の返還を市議に求めるよう市長に命じた判決を受けて、原告団「市議の海外派遣をやめさせる会」は28日、戸田市文化会館で報告集会を開き、市民約80人が参加した。

 同会は週明けの29日、神保国男市長に対し、判決を真摯(しんし)に受け止め、控訴しないことを求める文書を提出するほか、市議会に市議の海外派遣事業予算を認めないことを訴えていくことを決めた。同時に街頭活動にも取り組む。判決は、姉妹都市の豪リバプール市との友好親善が主な目的だったのに6日間のうち5日間はシドニー市内の観光施設の視察だったことなどから「派遣について合理的な必要性があるとはいえない。市議会の裁量権を逸脱、乱用しており違法」とした。

 同会の高坂美之留会長(79)は「判決はわれわれの主張をよくくみ上げてくれた。市長は真摯に受け止めて判決に従ってほしい。市議会にもこの問題で公正な議論を徹底するよう求めていきたい」と話した。

最終更新:5/28(日) 22:15
埼玉新聞