ここから本文です

キンコン西野、途中退席を批判するコメンテーターに反論

5/28(日) 15:00配信

AbemaTIMES

 『エゴサーチTV』で、MCを務めるお笑いコンビ・キングコングの西野亮廣が、途中退席騒動を批判するコメンテーターに苦言を呈した。

 この日の放送では、ゲストとして政治活動家でタレントの東国原英夫が登場。東国原といえば最近、あるスタッフから失礼な態度を取られブチ切れたという西野について、「俺もそのスタッフと同じ質問をしていたけど、そのとき西野君は笑っていた」とツイートし、話題になっていた。

 東国原は番組冒頭からその件について言及。すると西野は「たしかに『お前、儲けてるな』とか、言葉だけ取ると同じことなんですよ。でもそれって、信頼関係があるかないかなんですよね」と東国原の場合は不快感がなかったことを強調。続けて「いじりといじめの境界線は言葉の強弱ではなくて、相手との信頼関係があるかによる」と持論を展開した。

 これに対して東国原も、「毒舌を言うとか、人につっこむというのは、ある程度能力がないと言っちゃダメ。同じことをたけしさんが言うのと、違う人が言うのとじゃ、全然違う」と賛同した。

 また西野は「どうしても言いたいことがある」と話を続け、ある番組で「いくら嫌なことを言われても途中で帰るのはおかしい」とコメンテーターたちに批判されたことについて触れた。

 「これね、『僕なら帰らない』とかなら分かるんですけど、『帰るな。僕も我慢してるんだからお前も我慢しろ』って人に言えるのが非常に気持ちが悪いと思っていて。僕テレビの仕事がなくても他に収入あるから生活していけるんですよ。そんな僕に、『俺も我慢してるんだから』とか言われても、『いやいや、あなたが帰って仕事なくなったら、どうやって生活するんですか』って思うんですよ。さも『帰ろうと思ったら帰れるけど、僕は一枚上手だから帰らない』みたいな感じがとても気持ち悪い」と熱弁。

 続けて西野は、「だから僕今、彼らをエゴサーチTVにお呼びしたいんですよ」と息巻いたが「もしかしたら負けるかもしれないんですけど……」と弱気な面も見せ、スタジオの笑いを誘っていた。

(AbemaTV/『エゴサーチTV』より)

最終更新:5/28(日) 15:00
AbemaTIMES