ここから本文です

両リーグで光る2人の新人遊撃手、データで見る守備力、新人王への期待

5/28(日) 10:44配信

Full-Count

定評ある守備力に加え、ともに打撃ランクも上位に食い込む

 今季の両リーグの打撃ランキングには、2人の新人遊撃手が名前を連ねている。西武の源田壮亮と中日の京田陽太だ。最も守備範囲が広く、技術も肩も脚力も必要だとされる遊撃手に、同時に2人の新人選手が起用されるのは、異例だと言えるだろう。

【動画】守備でも魅せる 西武・源田の好プレー

 2人のデータを比較しよう。打撃成績は5月27日、守備成績は5月26日時点の成績を参照している。

○西武 源田壮亮
1993年2月16日生 身長179cm体重73kg 右投左打
大分商ー愛知学院大ートヨタ自動車 2016年ドラフト3位
打撃:180打数56安打0本16打点13盗塁 打率.311
守備:68刺殺170捕殺7失策29併殺 守備率.971 RF5.53

○中日 京田陽太
1994年4月20日生 身長182cm体重80kg 右投左打
青森山田高ー日本大 2016年ドラフト2位
打撃:166打数46安打1本11打点5盗塁 打率.277
守備:70刺殺133捕殺6失策26併殺 守備率.971 RF4.61

 源田が2学年上、ともに即戦力として前評判が高かった。

 源田はスピード感が抜群で、13盗塁は日本ハムの西川遥輝を抜いてリーグ1位、守備範囲を示すRFも5を超え、驚異的な守備範囲を誇る。西武では昨年後半、新人の呉念庭が台頭して鬼崎裕司と遊撃のポジションを争ったが、今季はここまで呉も鬼崎も全く出る幕がない。源田の登場はそれほどに衝撃的だったと言えるだろう。

 京田は、大学時代から堅実な守備に定評があった。打撃は4月終了時は.198と低調で、プロの投手に対応できていない印象だったが、5月は.353と急成長。本塁打も放ち、新人王候補に名乗り出た。

 リーグは違うが、ともに開幕1軍を射止めた新人遊撃手として意識しているのではないだろうか。来週からの交流戦が始まり、西武と中日は6月16日からナゴヤドーム3連戦で対決。ここで2人の新人遊撃手も顔を合わせることになる。

1/2ページ

最終更新:5/28(日) 10:44
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合11/22(水) 13:10