ここから本文です

錦織 地元モンフィスと実践練習、リターンエース決め会場沸く<男子テニス>

5/28(日) 20:32配信

tennis365.net

全仏オープン

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は28日、第8シードの錦織圭が第15シードのG・モンフィス(フランス)と日本時間28日の19時(現地28日の12時)からコート4で約1時間20分練習し、T・コキナキス(オーストラリア)との初戦に向けて調整した。

【錦織vsコキナキス1ポイント速報】

この日、約40分の打ち合いを終えた2人は、その後約40分の実践練習を行った。錦織はリターンエースを決めるなどで会場を沸かせた。

また、日本時間28日の23時(現地28日の16時)からも練習を予定している。

上位シード勢が順当に勝ち進むと、3回戦で第27シードのS・クエリー(アメリカ)、4回戦で第9シードのA・ズベレフ(ドイツ)か第22シードのP・クエバス(ウルグアイ)、準々決勝で第1シードの王者A・マレー(英国)と顔を合わせる組み合わせ。

昨年、4回戦で地元のR・ガスケ(フランス)に敗れた錦織。2015年には日本男子で1933年の佐藤次郎以来82年ぶりのベスト8進出を果たしており、今大会では四大大会初制覇を狙う。

tennis365.net

最終更新:5/28(日) 20:32
tennis365.net