ここから本文です

ソフトB上林が貴重な先制打 右中間への適時二塁打で復帰戦の千賀を援護

5/28(日) 14:49配信

Full-Count

明石のタイムリーで追加点も―

 ソフトバンクが3試合連続で先制に成功した。28日の日本ハム戦(札幌D)。2回に、急成長を遂げている21歳の上林が、貴重な適時打を放った。

 この回先頭の松田が、日本ハム先発のメンドーサから三塁線を破る二塁打。この打球のクッションボールを左翼・大田が処理に手間取るエラーで三塁まで進塁する。続く上林は右腕の高めに浮いたチェンジアップを逃さず、右中間への適時二塁打とした。

 さらに、甲斐が犠打を決めると、明石の右前へはじき返す適時打で1点を追加。2点を先制した。この日は背中の違和感で登板間隔を空けていた千賀が先発。わずか9球で緊急降板した5月16日のオリックス戦(京セラD)以来の復帰登板となった右腕の援護に成功した。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5/28(日) 14:49
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合10/18(水) 13:45