ここから本文です

復活を遂げたローマの絶対的エース、ゴール量産の秘訣は指揮官の存在!?

5/28(日) 22:02配信

theWORLD(ザ・ワールド)

スパレッティの教えのおかげで見事復活

ローマの絶対的エースとして復活を遂げたボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコが、今季を振り返った。

ローマ加入初年度となる昨季は、思うような結果が残せなかったジェコ。しかし、最終節を残すのみとなった今季のセリエAでは、36試合に出場して28ゴールを記録しており、得点ランクトップに立っている。

そんな中、伊『sky』のインタビューに応じたジェコは、まず指揮官ルチアーノ・スパレッティの存在について「非常に重要だった」とコメント。その上で「彼が僕に攻撃の仕方や新たなことを教えてくれた。スペースの作り方とかね。イングランドやドイツに比べて、ディフェンダーがよりタイトでポジショニングが深い。だから、イタリアは守備を攻略するのがより困難なんだ。ボールがもらえないということは、ゴールを挙げることがより難しいってことを意味するからね。僕が成功するために、非常に重要な存在だったよ」と述べ、成功の秘訣を明かした。

さらに今後についても「今季やったことを来季もできるように集中したい。今季のゴール量産は僕にとって素晴らしい成果だったからね」と語っている。

得点ランク2位のナポリFWドーリス・メルテンスとはわずか1ゴール差だが、はたしてジェコはこのまま首位をキープし、今季のセリエA得点王に輝くことができるのか。そして、来季につなげることができるのか。

http://www.theworldmagazine.jp/

スポーツナビ サッカー情報