ここから本文です

クシュナー氏、「ロシアとの通信ルート」提案か

5/28(日) 9:54配信

ホウドウキョク

アメリカ・トランプ陣営とロシアとの関係をめぐる「ロシア疑惑」で、トランプ大統領の娘婿であるクシュナー上級顧問が、ロシア側に秘密の通信ルートを提案していたという、新たな疑惑が浮上している。
ワシントン・ポスト紙が26日伝えたもので、クシュナー氏は、トランプ政権発足前の2016年12月、政権移行チームとロシアとの間に秘密の通信ルートを設置するよう、駐米ロシア大使に提案していたとしている。
秘密のルートは、ロシア側との通信を盗聴されるのを避けるためのもので、クシュナー氏は、ロシア大使館などを活用する方法を提案したという。
今後、クシュナー氏とロシア疑惑との関係について、FBI(アメリカ連邦捜査局)の捜査が本格化するものとみられている。

最終更新:5/28(日) 9:54
ホウドウキョク