ここから本文です

被災の高田松原再生へ 植樹会

5/28(日) 11:48配信

ホウドウキョク

東日本大震災で壊滅した岩手・陸前高田市の高田松原で、マツ林を再生するための植樹会が初めて開かれた。
植樹会には、公募で集まった参加者のほか、岩手県の達増拓也知事など、およそ390人が参加した。
岩手県では2019年度までに、高田松原があった場所に、およそ4万本の松を植え、マツ林を再生する計画。
27日は、クロマツの苗1,250本が参加者たちの手で植えられ、高田松原復活への第1歩が刻まれた。
陸前高田市の小学生は「大きく成長して、立派な松原にしたいです」と話した。
6月からは、陸前高田市の「高田松原を守る会」による植樹が行われる。

岩手めんこいテレビ/FNN

最終更新:5/28(日) 11:48
ホウドウキョク