ここから本文です

岐阜「伝統衣装」で泣き相撲

5/28(日) 20:50配信

ホウドウキョク

「さるぼぼ」姿の赤ちゃんたちの「泣き相撲」大会が開かれた。
厄除けにもなるという、赤ちゃんの泣き声。
岐阜・高山市の飛騨護国神社で開催された「泣き相撲」には、6カ月から1歳半までの280人が参加し、岐阜県飛騨地方で昔から作られる人形「さるぼぼ」の衣装で、土俵に上がった。
中には、泣かせようとする行司に全く動じない子もいて、観客の笑いを誘っていた。

東海テレビ/FNN

最終更新:5/28(日) 20:50
ホウドウキョク