ここから本文です

修二と彰復活!「青春アミーゴ」のサプライズパフォーマンスにネットでは感動の声多数。「無敵が蘇った」「涙が止まらない」

5/28(日) 19:08配信

E-TALENTBANK

26日放送のテレビ朝日系「ミュージックステーション」で、KAT-TUNの亀梨和也と山下智久が「青春アミーゴ」を披露し、大きな話題を呼んでいる。

亀梨と山下は、2005年に放映されたテレビドラマ「野ブタ。をプロデュース」(日本テレビ系)で登場人物の名前にちなんだユニット「修二と彰」を結成。エンディング曲の「青春アミーゴ」はミリオンセラーを達成している。

番組には、日本テレビ系ドラマ「ボク、運命の人です。」で12年ぶりに結成したユニット「亀と山P」として出演。「青春アミーゴ」に対するアンサーソングとして、12年前と同じ作詞家で制作されたという「逆転レボルシオン」に加え、ドラマ主題歌「背中越しのチャンス」、そしてサプライズで12年ぶりに「青春アミーゴ」を披露した。

このサプライズにネットでは「Mステでサプライズ青春アミーゴ!!!!!!!!」「12年ぶりの青春アミーゴはさすがに泣いた」「無敵が蘇った」「青春アミーゴを見ながら涙が止まらない」といった感動の声が多く挙がっていた。

12年ぶりのユニット結成に際して、亀梨は「山Pと俺は、めちゃくちゃ相性がいいと思う」、山下は「亀は、カメラを意識せずにいられる自分を引き出してくれる、唯一の存在」とコメントし、お互いを称賛し合っていた。

株式会社イータレントバンク

最終更新:5/28(日) 19:08
E-TALENTBANK