ここから本文です

真木よう子、2年ぶり連ドラ主演! 吉瀬美智子&長谷川京子らと女バトル

5/28(日) 15:00配信

クランクイン!

 女優の真木よう子が、7月にスタートする新ドラマ『セシルのもくろみ』(フジテレビ系)で主演を務めることが分かった。ファッション雑誌業界を舞台に専業主婦・独身・共働き・シングルマザーなど様々な立場の女性たちがぶつかり合いながらも幸せを探していく姿を描くき、共演には吉瀬美智子、伊藤歩、板谷由夏、長谷川京子ら豪華女優陣らが名を連ねる。

【関連】「真木よう子」フォトギャラリー


 原作は30代から50代の主婦層に絶大な人気を誇るファッション誌「STORY」で2008年から2010年にかけて連載され多くの共感を呼んだ、唯川恵原作の同名小説。運命のいたずらで読者モデルとなった女性が、一流のモデルとして成功の階段を駆け上っていく。

 タイトルにある“セシル”とは、フランスの小説家、フランソワーズ・サガンの名作「悲しみよこんにちは」の主人公・セシルが由来。原作では、かわいい顔をして恐ろしい“もくろみ”をもった少女が抱く女性の悩み、葛藤、思惑など女性自身の中に潜む“オンナ”という意味で使われている。

 2015年の『問題のあるレストラン』以来、2年ぶりに連ドラ主演を務める真木は「男女関わらず、本当に美しく格好の良い人間とはどういった姿勢で己の道を歩んでいくのか。その様な姿を多くの方に微力ながらもお見せできればと思っております」と出演への意気込みを語る。

 またドラマの設定に対し「モデル・雑誌業界の裏側が描かれ、モデル経験者としても楽しみです」と語る吉瀬は「経験を生かしつつ、“浜口由華子”という女性の人生を丁寧に演じていきたいと思います」と出演に対する思いを明かす。また自身の役柄が、後半戦の“鍵を握る役”だという長谷川は「女性陣がここまで揃うドラマは他に見たことがないので、今から現場に行くのがとても楽しみです」と撮影への期待感を表している。

 『セシルのもくろみ』は、フジテレビ系にて7月より毎週木曜22時より放送。

最終更新:5/28(日) 15:00
クランクイン!

Yahoo!ニュースからのお知らせ